矯正の種類と流れ|矯正歯科のように歯医者さんしかできないケア【白い歯にチェンジ】

矯正装置の種類を理解し、対応している矯正歯科を見つけよう!

矯正の種類と流れ

レディ

矯正装置にはどのような種類があるのか

歯の矯正といえば、ギラギラと目立つ銀色の矯正装置を思い浮かべ、抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。実は現在は、たくさんの矯正器具の種類が出ているのです。メリットとデメリットを把握し、富山県内の矯正歯科に行く際に参考にしてみてください。

「金属ブラケット」と「審美ブラケット」

金属ブラケットとは、多くの人が思い浮かぶ銀色でできた装置のことです。金属ブラケットはとても丈夫で低価格というメリットがあります。デメリットとしては、見た目が目立つことです。また、審美ブラケットとは、透明や白色でつくられた装置のことで、目立ちにくいことと、金属アレルギーの方でも装着できることがメリットです。デメリットは、価格が少し高いことや、強度が弱いことがあげられます。

「裏側矯正」と「ハーフリンガル矯正」

裏側矯正とは、歯の裏側にブラケットを装着することです。表から装置が見えないので周りの人に気付かれずに治療できることができます。しかし、舌に装置が当たってうまく言葉を発音しにくくなることもあります。ハーフリンガル矯正とは、上の歯には裏側に、そして舌の歯には表側にブランケットを装着する治療のことです。裏側矯正と比べて価格が安く、発音しやすいことがメリットです。しかし、ハーフリンガル矯正を取り扱っている矯正歯科は少ないのがデメリットです。

「マウスピース矯正」について

マウスピース矯正とは、透明なマウスピース矯正装置を使用した矯正のことです。最大のメリットは、透明なのでかなり目立ちにくいことです。気付かれることなく矯正が完了する方も多いです。また、他の矯正装置に比べて痛みが少ないこともメリットです。しかし、歯並びによってはマウスピース矯正ができない場合があったり、定期的にマウスピースを型取りして作り直す必要がある為、通院の頻度が高いというデメリットもあります。

歯列矯正治療の流れ

初回は相談から

歯列矯正は、いきなり治療にとりかかるものではありません。まずは、矯正歯科にて歯列矯正を検討している旨を相談し、口内の状態をチェックしてもらいます。その後、費用や治療方法などの説明を受けたり、質問をしたりして疑問点を解消します。歯列矯正は、お金と時間がとてもかかるものなので、何件か相談に行き、信頼できる矯正歯科を見つけたほうが良いでしょう。

歯並びの検査やレントゲン撮影など

矯正治療がスタートしたら、まず最初に歯並びや顔のバランスをチェックしたり、歯形やレントゲンを撮り、顔周りの情報を得ます。噛み合わせだけではなく、あごの骨の状態まで確認するのです。その後、ひとりひとりに合った治療方針を決めていくのです。人によっては抜歯が必要であったり、すぐに矯正器具をつけられない場合もあります。

いよいよ装置を装着!定期的に通院して調整も

いよいよ矯正装置を装着します。しかしこれで終わりではありません。約一ヶ月に1回は矯正歯科に通院し、歯の移動を促すために矯正装置の締め付けの調整をする必要があります。年単位でゆっくりと歯を動かしていくため、挫折してしまう方もいますが、キレイな歯並びを手に入れるために頑張りましょう!

装置を外したあとも保定を継続

ついに歯並びもキレイになり、矯正装置を外して治療は終わり!・・・というわけではありません。実は歯並びは、あと戻りすることがとても多いため、それを防ぐために、リテーナーと呼ばれる保定装置をつける必要があります。保定期間は2年ほどかかります。装着しても痛みはないのでご安心ください。また、リテーナーで保定を終える時期は、矯正歯科に相談しましょう。

広告募集中