歯医者の上手な選び方|矯正歯科のように歯医者さんしかできないケア【白い歯にチェンジ】

歯医者選びに重視すべきこととは?自分に合った歯医者選びを

どの歯医者にかかれば良いのかわからない・・・

現在、歯医者の数はコンビニよりも多いといわれています。ちょっと街を歩けば、たくさん歯医者があることに気付くと思います。今回はそんなたくさんある歯医者の中から、歯医者を選ぶ際のポイントを調査し、ランキング化してみました!是非、門真市の歯医者選びの参考にしてください!

歯医者を選ぶ際にチェックすることベスト5

no.1

口コミは参考にしない!

とても意外な内容が1位となってしまいましたね。実は、口コミを信頼しすぎて、期待はずれでガッカリした経験がある人がとても多かったのです!口内の状況はひとりひとり違います。また、お医者さんとの相性もあります。口コミを全て鵜呑みにしないほうが良いということですね。

no.2

すぐに治療が終わる歯医者は避ける!

治療時間が長いのは良い気がしないので、すぐに治療が終わったほうが良いと思いがちですが、そうではないことがわかりました。「全然質問に答えてくれない」「通院期間が長くなる」という不満が多かったのです。丁寧だと感じなかったら、すぐに違う歯医者を見つけたほうが良いということですね。

no.3

ホームページをチェックする!

歯医者を選ぶときに、ホームページをチェックする方は結構多いことがわかりました。ホームページで、だいたいの雰囲気や治療方針を把握することができます。また、「1日で治療が終わる!」などのうたい文句が記載されている歯科は、2位の「丁寧じゃない」ことに当てはまりますね。

no.4

問い合わせ時にだいたいの予算を教えてくれる

歯の治療は、保険適用していても、少し高く感じることもあります。そこで心配なのが費用面ですよね。「歯医者を選ぶときには電話で治療の費用について尋ねる。きちんと答えてくれるところに通うようにしている」という声も多く見られました。電話口からも丁寧だと、印象も良いですよね。

no.5

笑気麻酔を導入している

歯医者に恐怖心を持つ人はとても多く、「笑気麻酔」など、不安を軽減してくれる治療をしている歯医者が人気となりました。笑気麻酔を導入してくれているということは、医師は治療に恐怖心を持つ人の気持ちを考えてくれているということなので、優しい医師が多いという意見もありました。

歯医者の上手な選び方

歯

恐怖心が強くて歯医者へ行けない

歯医者の独特な匂いやドリルの音、過去に治療が痛かったことによって、恐怖心が芽生え、なかなか歯医者へ行けない「歯科恐怖症」の方は実は多いんです。しかし、虫歯を放っておくと、余計に治療期間が延びたり、悪循環となってしまいます。歯科恐怖症の方は、どのようにして歯医者選びをしたら良いのでしょうか。

歯科恐怖症に特化した歯医者は存在している!

実は、歯科恐怖症の方のために色々と対策をしてくれる歯医者が増えてきているのです。恐怖心を和らげることができる「笑気麻酔・笑気ガス」を導入しているところや、リラックス効果のあるアロマを焚いてくれたり、心地の良い音楽を流してくれたりしてくれる歯医者もあります。

電話やメールで不安を相談しよう

ホームページなどをチェックしてみて、気になる歯医者があった場合は、電話やメールなどで、思い切って「歯医者が怖い」旨を相談してみましょう。その返答対応が良いと思えたら、そこに通ってみたり、逆に対応が悪いと感じたら他のところを探すきっかけとなったり、相談することによるメリットはたくさんありますよ。

広告募集中