部分矯正について|矯正歯科のように歯医者さんしかできないケア【白い歯にチェンジ】

部分矯正はお得!少しだけ歯並びが気になるそこのあなたへ!

部分矯正について

医療器具

部分矯正ってなんだろう

部分矯正は、歯並びの一部だけに矯正装置をつけ、その一部だけの歯並びを矯正することができます。例えば、前歯が1本だけ出ていて、そこを引っ込めたいということも可能なのです。しかも、全体矯正に比べ、痛みも軽いことも特徴です。

費用が安く治療期間も短い!

部分矯正は、全体矯正に比べ、とても費用を抑えることができます。また、治療期間が半年から2年以内など、とても短いこともメリットといえます。部分矯正は、基本的に歯並びはそこまで悪くないが、一部だけすきっ歯である、またはゆがんでいるなどといった気になる部分がある方におすすめです。

歯並びが悪くなる原因トップ5

no.1

日頃の悪習癖で歯がずれる

小さい子に多く見られる、爪を噛んだり指しゃぶりをしたりすることや、日頃無意識に行っているほおづえは、とっても歯並びを悪くするのです。特に、無意識に行っていることが多いため、気付いたときには歯がずれている、ということがすごく多いのです。

no.2

幼少期の虫歯

乳歯が虫歯になったとき、自然に抜け落ちる前に抜かないといけなくなったりしますよね。そうすることによって、全体の歯の位置が変わってきたりします。全体の歯の位置が定まらないときに永久歯が無理矢理生えてくることによって、歯並びがわるくなってしまうのです。

no.3

食べ物の噛み方

片方の奥歯ばかりで食べ物を噛んでいたり、硬いものを食べることを避けてはいませんか?このような習慣を続けていると、顔や顎が歪んでいき、歯並びが悪くなるのです。バランスよく両側の歯で食べ物を噛むことを意識しましょう。また、硬い食べ物も積極的に摂取し、顎の筋肉を使っていきましょう。

no.4

無意識に行っている口呼吸

本来、舌は上顎についています。舌が上顎を押すことにより、上顎が成長していきます。しかし、口をぽかんと開けて口呼吸をしてるままだと、上顎が成長せず、歯の生えるスペースが狭くなり、歯並びが悪くなってしまうのです。口呼吸は、鼻炎持ちの方などに多いため、まずは口呼吸をしてしまう原因元を治療しましょう。

no.5

遺伝による歯並びのずれ

顔や顎の形は、遺伝要素も大きく影響します。口内がもともと小さかったり、顎が過度に成長することなどがあります。遺伝の場合、将来歯並びが悪くなるという兆候が早めに出てくる場合が多いのです。少しでも気になったらすぐに歯医者に行き、相談しましょう。

今後自然歯が生えてくることはない

80年以上生きる人間ですが、歯の生え変わりは一度っきりであり、今後新しく自然歯が生えてくることはありません。しかし、自然歯というものは、どんなにお金をかけて作った義歯よりも、とても丈夫で美しく、価値があるものなのです。大事に自然歯を保つよう努力し、お年寄りになっても、自分の歯でご飯を食べていたいですね。

広告募集中